ノートパソコンのディスプレイの前に座って絶えず上下している為替レートをご覧になっていると理由無くトレードをしたくなるという衝動が沸き起こる場面も多かったりします。でも、なんとなく衝動でトレードすることだけは断じてしてはいけません。知っての通り、為替相場は終日、休みなくいずれかの国でマーケットがやっているし、市場も常に変化しています。そうであっても、頻繁に取引をすると、その回数分だけ損失が生じるリスクが高くなってしまいます。当然の事ながら、取引の回数を重ねることによって次第に勝つ確率が五分五分になるのは事実。でもその事実は「漠然としたアイデアで注文」とは話が異なります。エントリー回数を増やすとは自ら「ここで勝負」と考え付いた感覚を得られたケースでのエントリー回数を積み重ねるという意味である。特段の理由も無く、のべつ幕なしトレードを積むのとは違う。相場の勝負にi挑むには意識的にけじめをつけることが大切です。「ここは勝てる」と思い至った外国為替市場の時には迷わず所持ポジションを積み増して、意識して儲けを狙います。「だいぶ難しい為替相場でどう推移するのか理解できないな」と思案した時は、いっそのこと売買ポジションをひとつも残さないで諦めて何もせず静観します。これぐらいの緩急をつけた方が、最終的に取引は勝てます。相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。まったく言葉どおりだと感じます。相場とはいついかなる時でも売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも持たずに待っている事も事態によっては取引です。では、どういった時に、休むべきなのでしょうか。ひとつめは、前述の通り、今のマーケットが分からない時です。今からどちらにいくのか判断できない時はヘタに動くと、自分の思い描いた物語とは逆方向に相場が動いてしまい、損する事になってしまいます。そのため、そういう場面ではポジションを閉じ何もせずに様子を見ているのが最良の選択です。第2に、あなた自身の健康状態が思わしくない時です。体の状態と外国為替市場に影響ないと考える投資家もいるだろうが。実は思いのほか影響します。体の調子が変な時は、市場の大切な局面で冷静な決断を下すことができない。気分が乗らない時はFXから目をそらす事も重要な事です。

Copyright © 2002 www.jerjohn.com All Rights Reserved.